ラダートレーニングと内野ゴロの捕球を組み合わせた練習

■課題・要望
・俊敏な動きを鍛えたい
・内野ゴロの捕球を確実にしたい

今回は、ラダートレーニングと内野ゴロの捕球を組み合わせた練習を紹介します。
とてもオリジナリティのある練習で、かつ、俊敏性と確実な捕球体勢を染み付ける、2つ同時にできる練習なので、非常に効率的ではないかと思います。普段の内野守備の練習に飽きが来ていると感じているならば、取り入れてみると面白い練習ではないかと思います。

この練習は、リズム良くラダートレーニングを行ってから、ゆっくりとしたゴロを確実に捕球する練習になります。正面、右側、左側の3方向行い、どの方向でも素早く動き、正しい捕球体勢になることを鍛えます。

この練習をやることで、内野手としてすごく重要な1歩目や2歩目の動きを、素早く動き出すことをやしなうことができ、結果、球際に強くなると思います。また、ラダートレーニングを行ってから捕球体勢を行うことにより、どんな動きをしてからでも、正しい捕球体勢を作り出す練習も出来ます。
初めはラダートレーニングをゆっくりでも良いので、徐々に慣れていくことからスタートすると良いでしょう。また、ゴロを投げる側も、ゆっくりなゴロを投げてあげることにより、正しい捕球体勢を覚えてもらうことが目的となります。ゴロは早く投げずゆっくりを心がけて。

ラダートレーニングの練習については「ラダートレーニングで俊敏性をアップさせる練習」で紹介しているので、そちらをご覧ください。
なお、ラダートレーニングに必要な道具は、コチラがお得で人気なようなので、是非一度見てください。

内野ゴロの捕球についても、「宮本慎也が教える正しいグラブの使い方」「内野守備の捕球から送球までの基本動作とノックを受ける時の心構え」の2つの動画をしっかり見て、正しい捕球体勢を覚えてください。