体の開きを抑える 軸足を浮かせてティーバッティング練習

バッティングの体の開きを抑えるための練習を紹介します。

以前にも、

 

ツイスト打法を練習するための2種類のティーバッティング

 

で紹介させていただきましたが、巨人の阿部選手も取り組んでいるティーバッティングの一つ、軸足を浮かせて行うティーバッティング練習です。

 

この練習の良いところは、軸足が浮いているので、体重がほぼ前足に乗っている状態のため、体が開き難い状態を強制的に作ることが出来る点です。

更に、軸足を浮かせるだけではなく、特に両足の太ももの内側を強く意識して、中に絞るイメージでティーバッティングを行うと更に効果的と言えます。

 

・軸足を浮かせて体重移動をスムーズにすること

・太ももの内側を中に絞るイメージで行うこと

 

この2点に注意しながら実践することをオススメします。

また、この練習はティーバッティングだけではなく、緩い球を正面から投げてもらい、上記の2つことを意識しながら、ピッチャー返し、もしくはセンター返しを心がけながら練習するのも良いと思います。
打つ方向を正面にすることで、より体の開きを抑えることができます。

トスバッティングの最後の5球ほど、この打ち方でやってみると良いかもしれません。

では、練習紹介動画をご覧ください。