バッティング練習 逆手ティーバッティングで脇が開くことを防ぐ

動画は前田智徳さんが現役時代に行っていたティーバッティングを行っている練習です。前半部分では逆手でティーバッティングを行っているので、こちらを掘り下げましょう。

 

逆手とは、右打者で言うと通常右手が上になってバットを持ちますが、これを逆にして、左手が上となりバットを持ってスイングすることです。逆手で行うティーバッティングは、
・脇が開く
・肘が上がる
・ヘッドが下がる
という課題を持った選手にはオススメの練習方法の一つです。

ヘッドが下がる原因のとして、脇が開いてしまったり、肘が上がってしまったり、ということが考えられますので、脇を閉めること、肘をしっかりたたむことを意識してこのティーバッティングを行うと良いでしょう。

この練習のポイントは、ボールを高めに投げてもらい、下半身は必要以上に動かすことなくほぼ固定し、脇と肘の位置を確認しながらスイングすることです。

ボールが低いと逆手状態なので対応が難しいということと、低めを無理に打とうとすると手首を痛めてしまいます。また逆手状態でフルスイングすることも手首を痛める原因になりかねないので、こちらも注意しましょう。

また高めのボールに対しレベルスイングを意識しながらスイングすると良いでしょう。前田さんのスイングを見て分かる通り、打つ前にヘッドを寝かせてからスイングしてます。これはレベルスイングを意識しているからでしょう。一見ダウンスイングに見えますが、ダウンスイングだとヘッドを立てた状態からそのままインパクトまで持ってくることになります。前田さんのように、逆手でレベルスイングを心掛けてやりましょう。

逆手で構え、高めにボールを投げてもらい、脇を閉め、肘もたたみ、レベルスイングを意識して連続で5球ほど続けて、フルスイングすることなくフォームをチェックしながら打つと、良い練習につながると思います。

では動画を参考に是非やってみてください。

 

 

動画引用元:2012 カープ 日南キャンプ 前田智徳選手 ティーバッティング