課題別に効果的な練習をやりたい話

vv

今の高校生はどんな練習をやっているのだろうと【駒沢オリンピック公園】に取材に行きました。

合計で20名ほど取材させて頂きましたが、どの選手も快く答えてもらい、非常に有意義な時間となりました。

選手の皆さんには感謝です!

z

※実際の取材ノート

■どんな個人練習をやっているのか?

  • スイングなどスマホで動画撮影して自分でチェックして課題が分かってから練習をやる。またチェックはチームメイトとすることもある。
  • 全体練習や試合の後に反省点を見つけ、反省点を補う練習をする

という回答がほとんどでした。

個人練習は本当に重要です!個人練習で差を付けないとライバルに負けてしまいます

この言葉を聞いて、私の想像より選手の意識が非常に高いと感じたこと。そして、個人練習の重要性を強く理解していると肌で感じました。

 

■課題を発見した後どんな練習をやっているのか?

  • 雑誌を読んで練習方法を見つける
  • youtubeでプロ選手の動きを参考にする
  • 課題の場所を強く意識した普段と同じ練習をやっている

という回答でした。このとき、選手が回答する際どことなく歯切れの悪さを感じました。もしかすると「もっと効果的な練習をやりたい」という思いがどこかにあるのでは、と私の中で生まれた瞬間でした。

 

■今やっている練習で困っていることは?

  • 雑誌は動きが無いので正直分かりづらい。読んで終わりになることが多々ある
  • youtubeは「長い」「広告が邪魔」「見たいところへ辿り付きにくい」「探しにくい」「(ゲーム実況など)余計なものを見てしまう」ところに使いづらさを感じている
  • 練習方法にバリエーションが無いので、結局いつものティーバッティングになってしまう

以上の回答のように、今の練習方法では満足しておらず、常にどんな練習が良いのか模索しているけど解決できない状態にあると感じました。

そんな中、誰もが知っており甲子園で優勝経験のある強豪校の部員にたまたま取材することができ、この選手だけは例外だったと言えます。

撮影した動画をコーチに送ります。コーチは動画を見て私の課題を見つけ、指摘の内容と修正する練習方法の提示をしてくれます

さすが強豪校と言わざるを得ないです。強さの秘密はコレか、と目からウロコ情報でした。つまり、効果的な練習をやるには、【課題発見→課題を補う練習】という反復が必要なのだと思いました。

この発見が取材の成果です。

当サイトでは、youtubeなどの動画を中心として、課題別に効果的な練習方法を提示します。動画も「◯:◯◯からスタート」と提示するようにしますので、長いや見つかりにくいを解消できればと思います。

それでは【eラーニングベースボール】を宜しくお願いします!