バッティング練習 インサイドアウトのスイングでより飛距離をアップ

筆者が高校時代「もっと飛距離を伸ばすためには」と考えた時、「もっと筋力アップ」「もっとスイングスピードを速く」しか考えてなかったですが、これはこれで間違いではなかったですが、よりテクニカルな部分で飛距離が伸ばせることを、ゲストコーチを招いた時に知りました。

「オマエの打球はドライブしている」
自分の打球がドライブしていることは分かっていたのですが、ドライブ打球をどう改善していいのか分からなかったですが、ゲストコーチの方に「インサイドアウトでスイングしろ」と言われました。

 

そこから猛特訓です。
下記で紹介している動画で言っている通り【ボールの内側を叩く】イメージで何度もティーバッティングを繰り返しました。ボールの内側というのは、右打者で言えばボールの左側を打つ、左打者で言えばボールの右側を打つ、ということです。

実際に内側を打っているか正直分かりませんが、内側を打つイメージでスイングすると、右打者の場合、右肘が上手くたたまれる様になり、グリップが先に出てきて、バットのヘッドが遅れてくるスイングになってきます。イメージで言うと「身体の近い位置にバットが通る」感じになります。

 

インサイドアウトの練習で効果的なのは、真横から投げてもらうティーバッティングです。意識はボールの内側に集中し、ボールの内側を思いっ切り叩くイメージで行うことが重要です。

インサイドアウトのスイングになると打球の質が変わります。フライやライナーが、右打者で言うと右方向へスライスしていく打球になります。筆者もこれまでは右中間の打球は全くダメでしたが、スイングがインサイドアウトに変わり、右中間にも長打が打てるようになりました。そして、ドライブ打球が少なくなり、より飛距離がアップしました。

真横からのティーバッティングでボールの内側を打つ練習をぜひやってみてください。
では動画をご覧ください。

動画引用元:インサイドアウトの極意!最短でバットを出す★トクサン 【超打撃改革④】