打撃練習 体重移動をうまくするインサイドヒール練習

トップで作った体重をうまくボールに乗せて打つことができると、打球の飛距離、鋭さが格段に変わってきます。また、よく課題でありがちの「こねる」や「ひっかける」という課題を改善するためにも体重移動をスムーズにすることが重要です。

 

この動画で紹介されている練習を実際にやってみましたが、最初は軸足を強く意識してスイングしてましたが、意識をインパクトの瞬間にボールに体重の乗せるイメージでスイングすると、体重移動がスムーズになっている感覚がありました。イメージですがインパクトの瞬間に、後ろにあった体重を100%前にぶつけてスイングするイメージです。

練習内容は、軸足(右打者なら右足、左打者なら左足)のかかとの外側にペットボトルを置きます。かかとギリギリにOKです。ペットボトルを置いた状態で素振りをして、ペットボトルが倒れないようにします。ペットボトルが倒れるということは、後ろに体重が残り過ぎている証拠になります。かかとを中に(投手方向へ)入れるイメージでスイングして体重を前にぶつける練習をインサイドヒール練習と言います。

 

筆者的には特に「ひっかける」を改善するために行う練習に最適だと感じました、ひっかける原因が色々ありますが、筆者は体重が乗っておらず、いわゆる手打ちになっている時にひっかけることが多いです。つまり体重をボールに乗せていない状態ということです。この練習は、インパクトの瞬間に強く体重を乗せるイメージが強くなるので、手打ちになりにくさを感じました。

慣れてくると実際にボールを打って、ティーバッティグやロングティーバッティングをすると、よりインパクトの瞬間の体重を感じることができると思います。良い練習ですので、動画を参考にやってみてください。

 

 

 

動画引用元:バッティングの「こねる」「ひっかける」を無くせ!「体重移動」の練習