マーカーを使った右側から入る内野ゴロの練習方法

■課題・要望
・内野ゴロの捕球の基本を固めたい

今回紹介する動画は「静岡県東部伊豆ボーイズ」の練習に取り入れている、右から入る内野ゴロの捕球練習を紹介します。

まずは、そもそも何で内野ゴロを捕球する際、右側から入る必要があるのか。

ファーストへの送球がしやすくなるから?

答えはYESです。

でもそれだけではないですし、それよりも重要なのが「バウンドをしっかり見れる位置」だからです。もちろん送球する前には捕球がありますが、その捕球を確実にするためには、捕球しやすいバウンドの位置で捕球することが重要です。

意外に真正面のゴロって難しくないですか?

足が止まる
後ろに下がってしまう
中途半端なバウンドで捕球する

このような事象は、真正面の打球の時に結構起こる場合があります。
バウンドを右側からしっかりと見ることで、どこで捕球したらいいか、前に出るのか、どこまで足を運ぶ必要があるのか、など様々な判断がやりやすくなります。

なぜ右から入って捕球するのか?

・ファーストへの送球がやりやすくなるから
・バウンドがしっかり見えるようになるから

この2つを覚えておくと良いでしょう。

紹介している動画で導入している練習で良いところは、マーカーコーンを使って、どれぐらい膨らみながら右から入るのかが、はっきりと分かることです。

特に少年野球となると、選手によってバラつきが多く、どれぐらい膨らんだ方が良いのか分からないと思います。それをマーカーコーンを使うことで解決してます。とても思考をこらした良い練習と言えます。ぜひ、みなさんもやってみてはいかがでしょうか。
マーカーコーンを持っていない方はコチラがオススメです。

また、以前紹介した

内野守備の捕球から送球までの基本動作とノックを受ける時の心構え
宮本慎也が教える正しいグラブの使い方

も合わせて行うと更に効果的と言えます。