内野手必見 速いゴロの対応方法

打球の速いゴロは正直怖いですし、一瞬にして対応しないといけないのでキャッチングも難しいです。

こちらの動画は、特に内野手の方に必見ですが、速いゴロの対応方法について紹介してますので、ぜひご覧ください。

教えているポイントとしましては、

 

1:早く正面に入りすぎないこと
最初から正面に入ってしまうと、バウンドが合わせにくくなり、ヘソや胸元など、捕りにくいグローブの位置で捕らざるをえない状況になります。なので、正面ではなく、打球が来るラインから少しずらして打球を良く見て、打球のバウンドに合わせて、1歩、ないし半歩足を出して捕球します。
この時、焦ってはいけません。打球が速いのでランナーもそんなに進んでないです。なので、焦らず、正面ではなく、少しラインをずらしてしっかりと捕球することが重要です。

 

2:足を止めないこと
「速い打球が来た!」と思った瞬間、身体が硬直しがちですが、そんな時こそ、焦らずに、足が揃うことなくどちらかの足を前に出し、軽く足を動かしながら捕球する必要があります。
足の動かし方のコツとしては、かかとを軸としてつま先を上げ下げしてリズムを取るイメージをオススメしてます。

 

以上2点です。

大事なことは「足が揃った状態で正面に入らないこと」ですね。
まずは、この点を意識して、練習すると良いと思います。

では詳細は動画をご覧ください。