打撃練習 突っ込み改善 軸足に体重を乗せて逆方向へ強く打ち返す練習

身体が前(ピッチャー側)に突っ込んでしまい強いスイングが出来ない、もしくは変化球を打つことが苦手な選手は多いと思います。特に上半身が前に突っ込んでしまうと、身体全体でスイングすることができず手打ちになってしまう原因になります。

バッティングにおいては色々な理論があるかと思いますが、基本は軸足に体重をしっかり乗せて、特に上半身が前に突っ込まずに強くスイングすることが理想だと考えます。なので身体の突っ込みは改善しましょう。

 

練習内容は、ピッチャーの前にネットを置き、ピッチャーは椅子の上に乗ってネットの上から緩いボールを投げて、バッターはその緩いボールを打ち返す、という練習になります。ネットの上からボールを投げるので強制的に緩いボールになりますし、ピッチャーの前にネットが置かれた状態なので安全性も確保できる良い練習です。

バッター側の練習のポイントは「逆方向へ強い打球を打つ」という意識でスイングすることが重要です。思いっ切り引っ張ってボールを遠くに飛ばす練習ではなく、あくまでこの練習の目的は「突っ込みを改善すること」「軸足に体重をしっかり乗せること」です。練習の意味を理解した上で、逆方向に向かって強くスイングすることをまずは意識しましょう。

もう一つのポイントは、ミートすることに集中し過ぎてスイングスピードが遅くならないことです。ミートしようとすると「ボールをバットに当てる」ことに意識が偏ってしまい、スイングスピードに鈍ってしまいます。実際の試合を想定し、強くスイングする意識を高めた上で、スイングすると良いでしょう。当てるだけのバッティングはやらないと思います。いつでも試合を想定して練習することが重要です。

緩い球に合わせるのではなく、自分自身のスイングがしっかりと出来るポイントまでボールを引きつけてから、強くスイングすると、軸足に体重が乗り、身体が突っ込まないスイングになると思います。動画を参考に実践してみてください。

 


 

 

動画引用元:山ボールバッティングドリル(変化球への対応)