打撃練習 インパクト後の押し込みでより強い打球へ

より強い打球を打つため、より飛距離を伸ばすためには、インパクト時にバットとボールが当たる強さだけではなく、インパクト後にボールを更に押し込む強さやテクニックが必要となります。今回はインパクト後の押し込みを強くするためのトレーニング方法を紹介します。

 

練習内容は、袈裟斬りのような形で極端なダウンスイングを左からと右からの両方ともにスイングを繰り返します。この時、腕だけでスイングするのではなく、背中からスイングするイメージで行うことが重要です。筆者もやってみましたが、背中全体というよりは、肩甲骨あたり(背中の上部あたり)を意識して行うと、どこなくスムーズさと力強さを感じました。また動画でもおっしゃってますが、脚を入れて(下半身を使う)しっかり振らないと力強さは生まれないです。これも筆者の感覚ですが、軸足の膝を内側に強く入れ、軸足の太ももの裏を使って前に押し込むイメージでスイングすると、より強さが出る感覚になりました。

そして腕の押し込みについては、右打者の場合ですと右手が重要になりますが、動画では片手用の短いバットで行うとどうしても手首がこねやすくなるため、短いバットはオススメしていません。動画で使っているようなラケットで行うことで、面でボールをとらえないと、まっすぐ強い打球にならないので、専用のトレーニングラケットか、もしくはテニスラケットでも良いかもしれません。この練習で重要なことは、ボールが当たって押し込んだらそのまま手首を返さないこと。振り切らないことが重要です。イメージ的にはセンター方向へ真っ直ぐ押し出す感覚になるかと思います。もちろん、このラケットを使った練習でも、腕だけで行わず、背中と下半身を意識して行うことが重要です。

 

打撃としてワンランク上がるためには、ボールへの押し込み、というのは必須条件になってきます。押し込みが出来る選手と出来ない選手では大きな差が生まれ、特に硬式ボールを使った時に差が出てきます。硬式ボールは重いですし硬いので、押し込みが弱いとバットの方が負けてしまい、結果、凡打になりがちです。

バットの方が負けないためにも、
・腕だけでスイングをしない
・背中を意識したスイング
・軸足の膝と太もも裏で押し込むイメージ
・手首を返さない
ことを意識して、上記の練習をやってみてください。では動画をご覧ください。

 


 

 

動画引用元:365トレーニング:打撃力編「インパクト後の押し込み」