井端流 新しいグローブの型付けと練習方法

ジャイアンツのコーチで守備の名手でもある井端弘和コーチがやっている、新しいグローブの型の付け方と練習方法を紹介します。

新しいグローブの型付けには、湯もみやスチームなど色々な種類の型付け方法がありますが、井端流は特殊な加工は一切せず、新しいグローブをいきなりノックで使用するそうです。

新しいグローブなので、硬いですよね。
この硬さを利用し、正しい位置でボールをグローブに当てて捕球する練習も兼ねており、いわゆる「当て捕り」の練習をやりながら、グローブの型付けも同時に行う訳です。

グローブのどこに当てるのかは、その選手が捕りたい位置があるので、選手それぞれだと思いますが、基本はやはり「手のひら」になるでしょう。グローブの手のひらの位置にボールを当て、少しずつポケットを作っていくイメージになります。

ただこの型付け方法は、正直難易度が高いように思えます。
なので、いきなりノックではなく、まずはボールをゆっくりと投げてもらって行ったり、キャッチボールを当て捕りで行うなど、打球ではなく、送球でやってもらうと良いかもしれません。ですが、井端流の型付け、並びに守備力の向上のためにも、いきなりノック、にチャレンジするのはとても良いことだと思います。

もちろん、ノックを受けた後はオイルを塗ってグローブに馴染ませて、少しずつ柔らかく、少しずつ自分の型に持って行く必要があります。

では動画をご覧ください。