ピッチング練習 正しいストレート(4シーム)の握り方を学ぼう

ピッチングの基本のボールと言えばもちろん「ストレート」ですよね。最近では4シームと呼ばれることも多くなりました。ストレートは投手の力量を計る物差しとしては最適であり、球速、伸び、キレ、コントロールをストレートでまずは身に付けることが重要です。

知っている方も多いかもしれませんが、改めて正しいストレート(4シーム)の握り方を学びましょう。

上画像のように人差し指と中指を縫い目に引っ掛けるようにしますが、指の先なのか、指の腹なのかは、投手自身が最も引っ掛かりが良いのはどちらか選べば良いと思います。これは投手それぞれで違うと思いますので。この2つの指がしっかりと引っ掛かった状態で、強い逆回転のスピンをかけるイメージでリリースすることが重要です。

そして人差し指と中指と同じように重要な指が「親指」です。

 

親指は2指の間に置きボールを支える

親指はボールの下側において、ボールを支える。このとき、人差し指と中指の間に親指がくるように握ることが大切。3指のバランスが良いと逆回転をかけやすく、またコントロールも向上する。力を抜いて握ることが大切なポイントだ。 *1

 

とあるように、親指はボールを支える大事な指となります。この位置を間違えると、ナチュラルでスライスやシュートしたりして、伸びのある綺麗なスピンのかかったストレートは投げれないです。親指の位置を今一度確かめてみましょう。

また、人差し指と中指の間を空ける方が良いのか、空けない方が良いのか、別れる場合がありますが、一般的には、空ける方はコントロールが良くなる、空けない方がスピンがかけやすくなる、と言われてます。これも投手の技量や性質に合わせて選択すると良いでしょう。

では動画をご覧ください。

動画引用元:直球握り 投げ方 (ストレート)

*1