打撃練習 仁志敏久 インコースの打ち方を学ぶ

身体の近い位置に来るインコース(内角)は、どうしても身体が開きがちになってしまいます。身体に近いので、バットの根っこに当たり詰まることをまずは嫌がるので、身体の開きが早くなり根っこに当たらないようにします。身体が開いて打ったとして真芯でボールをとらえたとしても、ファールになる可能性が高く、カウントだけが不利な状況になる場合があります。なので、開かないで詰まらずにバッティングする必要のあるインコースは、技術力の高さが要求されるコースだと思います。

動画では、元巨人の仁志敏久さんがインコースの打ち方について解説している動画です。

 

各コースに対して結果的にスイングのかたちは違いますが、イメージの中ではどのコースでも同じスイングすることが重要。ボールに対して真っ直ぐにバットを出す、というのはどのコースでも同じです。まずはどんなコースに来ようと、コースに惑わされることなく、自分のスイングをすることが大切だと思います。

とは言えインコースは身体の近くに来るボールなので、結果的には腕をたたんで打たないと詰まってしまうので、腕を柔らかく使い、(ホームベースと打者の間に壁があるとして)壁の内側でスイングする意識が重要です。この壁の内側でスイングする意識を持って素振りをすると、窮屈さを感じながらスイングをしますが、繰り返し行うと腕の使い方が自然と上手くなります。壁の内側でスイングする、というのはインコース打ちにおいて要ポイントになります。

また、インコースを打つ際はどうしても腰を早く回して打つので、(右打者の場合)左肩が開きがちになります。より開かないイメージを持ってスイングすることが重要です。そして最も窮屈になるコースがインハイになりますが、インハイの球に対して、アッパースイングではほぼまともに当たらないですし、レベルスイングにして当てるのは難しいです。なので、ボールを上から潰すように打ち、かつヘッドが下がらないことも意識すれば、インハイの窮屈なコースでも上手くさばけるようになります。

では動画で詳しいことを学びましょう。

 

 

動画引用元:打撃編・インコースの打ち方を覚えよう!【仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本】