投手練習 ボールの握り方をアレンジしてストレートの質を使い分ける

同じストレート(フォーシーム)でも、
・コントロール重視
・スピード重視
・ノビ重視
など、何を重視して投げたいのか、によってボールの握り方が変わります。動画でも紹介してますが、コントロール重視の場合は人差し指と中指を少し広げて握り、スピードやノビ重視の時は人差し指と中指をつけて握る、というのが一般的な考え方です。

もう一つ大事な指が親指です。【投球練習 ストレートの正しいボールに握り方を覚えて伸びるフォーシームへ】でも紹介してますが、人差し指と中指との間の延長線上(真下に親指が来るイメージ)に親指が来るように握ります。そして、親指は指の腹で当てるのではなく、親指を立てて当てると良いです。立てた方がスピンをかけやすくなりますし、力も抜けやすくなります。

また他の部分として、
・深く握るのか、浅く握るのか
・指先に引っ掛けて握るのか、指の腹に引っ掛けて握るのか
ということも考えなければいけません。

このストレートの握り方について、色んな方にヒヤリングをさせて頂きましたが、結局、自分にとってベストな握りは自分で見つけるしかないと思います。例えば、一番スピードが出る握り方は、人差し指と中指をつけてボールは深く握り、指先に引っ掛けて握ると良い、というのは、その選手に合った握り方であって、全員が該当するベストな握り方ではないかと思います。参考にするのは全然構いません。色んな握り方を試し、試行錯誤して自分にとってのベストな握り方を追い求めると良いでしょう。

筆者的には、コントロール重視の握り方とスピード重視の握り方の2種類のストレートがあると良いと考えます。基本はコントロール重視の握り方で投球し、2ストライクに追い込んだ時に、スピード重視の握り方でスピンをかけるように思いっ切り投げると、三振を取る確率や抑えられる確率が高くなるかもしれません。ストレートの投げ分けができるためにも、投げ分けができる握り方を覚えたいですね。

動画では、細かい握り方の解説やストレートを投げる時のイメージを細かく説明しており、大変参考になりますので、ぜひ見てください。

 

 

 

動画引用元:【どう使い分ける?】2種類の持ち方でストレートは大きく変わる!!コントロール重視か?スピード重視か?徹底解説!!【ピッチング練習】【投手必見!】