本多・今宮コンビがやっているペッパーから習うこと

福岡ソフトバンクホークスの二遊間コンビの本多選手と今宮選手の息の合ったペッパー(トスバッティング)の動画です。

注目すべきはピッチャー側の方です。

どちらとも守備職人なので、軽やかなステップとグローブさばき、そしてしっかりと相手が打ちやすい球を投げる、ということをスピーディーに繰り返し行ってます。

ペッパーをバッターだけの練習と思っている選手や指導者は多いと思いますが、この二人を見ていると、守備練習としてペッパーを活用しているように思えます。

まず重要なのはステップ。
投げてからすぐに身構えるステップ。キャッチするときのステップ。キャッチしてまた投げるときのステップ。この繰り返しのステップを軽快にリズム良く行うことが重要です。

次は送球。
相手が打ちやすいスピード、打ちやすいコースにしっかり投げることが重要です。よく「ゲッツーは愛情」という言葉を聞きましたが、確かにゲッツーも、相手が次投げやすいコース、相手のベースに入るタイミングに合わせたボールスピードが重要です。

最後にグラブさばき。
バッターとの距離が短いので、捕りやすいバウンドに足を運ぶことが出来ないことが多々あります。その時は、グラブさばきで上手くキャッチするしかないので、どんなグラブの使い方するのかが重要になります。上手くキャッチできるできないは、まずは置いといて、腰を低くして、グラブを下から上に持っていくことを意識して実践すると良いでしょう。

 

以下の画像は、関連するオススメ練習になります。クリックするとリンクします。

 

 

 

 

以上4つの練習も合わせて行うとより効果的かもしれません。
こちらも今一度ご覧ください。

では動画をご覧ください。