打撃練習 落合博満 ボールの下を打つホームラン打ちの俺流極意

ホームランを打つためには、圧倒的に筋力を高めてパワー付ける、はたまたスイングスピードを極限まで上げるなど、バワーやスピードを向上させるという事が基本となりますが、落合さんが教えるホームランを打つ極意は「ボールの下を打つ」ということです。

バットの芯に対してボールの芯をとらえた場合、確かに痛烈な打球になると思いますが、今回はあくまでホームラン(スタンドイン)を打つ極意の話。ホームランを打つためには、まずは打球が上がらないといけないので、そのためにはボールの下を打ち、そしてボールの下を押し込む感じで打つと、打球が上がり、そしてバックスピンがかかり伸びる打球を打てることができます。

 

練習方法ですが、ノックの方式で行い、自分でボールをトスしてボールの下を狙って打つ練習となります。動画ではフェンスに向かって打ってますが、何か目標となるものを目指してやると良いです。目標が上にあるからといって決してアッパースイングになってはいけません。レベルスイングだけど打球が上に上がる感覚をこの練習で養ってほしいです。

もしノック方式でやるのが難しいのであれば、ティーバッティングでも構いません。よく西武の中村選手や日ハムの中田選手も行ってますが、ティーバッティングのときにボールの下を狙って打ち、ネットに向かって打つのではなく、ネットの後ろにあるフェンスの上段を狙ってティーバッティングをしています。ホームランバッターには必須の練習方法かもしれないですね。

 

この練習のポイントは、
・アッパースイングではなくレベルスイングでボールの下を打つ
・最初はチップでも良いので根気よくボール下を狙って打つ
・全力でスイングするのではなく7〜8割の力でスイングする。重視するのはボールの下を打つこと
の3点がポイントとなります。
筆者も実際にやってみましたが、正直ノックが下手な筆者なのでノック方式では全然できませんでした。ただティーバッティング方式でやるとポップフライ的な感じになりますが、スピンがかかっているのが分かりますし、打球が上がっている感覚もあります。あとこの練習の副次的な要素として、綺麗にレベルで振ろうという意識が強くなるため、レベルスイング(スイング軌道)の練習にもなると感じました。

このボールの下を打つティーバッティングをやったあとにフリーバッティングをやると、今まで以上にボールをよく見て、自然とボールの下を狙って打っているので、打球の質が変わる感覚があります。個人的には少し詰まった方が押し込める感覚がありました。

では動画をご覧ください。

 

動画引用元:落合博満「ホームランの打ち方&練習法」