仁志敏久から学ぶ逆方向へのバッティング

■課題・要望
・逆方向へのバッティングが苦手

 

無理やり手だけを使って逆方向に打つと失敗の元。
まず単純のポイントを後ろにする、ということも一つの方法ですね。

 

と、まずは伝えてます。
野球で行うすべての動作に同じことを言えるかもしれないですが、やはり「手だけ」というのは、まず駄目ですね。バッティングで言うと「手打ち」と言いますが、引っ張ろうが流そうが、しっかり下半身を使った打ち方をすることが重要です。

その他、

・しっかりと下半身を使って打つこと
・肩は先に開かないこと
・ミートポイントは引きつけて中に入れること

を、おっしゃってますが、筆者が一番心踊った教えは、

 

ランナーを進めようという技術の中では、先に足を出してから、叩きつけて逆方向へゴロを打つ

 

という場面です。

筆者は4番を任されていたのでバントのサインはほぼ出ませんでした。しかし、自分の中で「ここはランナーを進めなければ」という場面があります。その時は、自らバントするより(バントが下手だったからですが)流し打ちをしてランナーを進める選択をしたことが、何度もありました。
そのため、進塁打を打つために流し打ちの練習をかなりやりましたが「先に足を出してからスイング」という技術は知らなかったです。
確かにこの打ち方は、先に下半身の位置が定まるので、逆方向へ打ちやすく、どんなボールでも対応できますね。

もしかすると、バントが苦手な選手の場合は、この練習をやった方が、その選手の強みを活かすことができ、良いかもしれないですね。ランナーが進めば結果は同じですから。

進塁打のサインも必要になるかもしれないですね。

では動画をご覧ください。