仁志敏久から習うアウトコースの打ち方

アウトコースの打ち方については色々と教えはありますが、仁志さんのこの教え方はとても分りやすいです。なので、ぜひ参考にしてください。

まずは、アウトコースの打ち方の基本として、ボールをギリギリまで引き付けて打つこと。最初はファールになっても良いです。むしろファールになるぐらいギリギリまで引き付けてスイングする練習を実施することです。

そしてスイングは、アウトコースを打つと、どうしてもヘッドが下がってしまったり、ドアスイング気味になり遠回りしたスイングになりがちですが、これはNGです。ボールに向かってバットを真っ直ぐ出すことがとても重要です。

バットをボールに向かって真っ直ぐ、そしてコンパクトに出し、だけどフォロースルーは大きくすることです。フォロースルーが小さいと、ただでさえ、逆方向への打球なので力の無い打球になりがちですが、更に力の無い打球になり、ただの内野ゴロになりやすいので、フォロースルーが大きくすることがとても重要になります。

まとめますと、

 

・ボールをギリギリまで引き付けて

・ボールに向かって真っ直ぐにコンパクトにバットを出し

・フォロースルーは大きくして力強い打球を打つイメージすること

 

となります。以上の3点を意識して練習を実施するとより効果的です。

 

逆方向へ打つオリジナル3種類ティーバッティング

 

逆方向へ強い打球を打つためのティーバッティング方法

 

以上の練習記事も合わせてご覧ください。
では仁志さんの分りやすい解説動画を是非ご覧ください。