走塁練習 1塁走者はヒットエンドラン、2塁走者はホームのシミュレーション練習

動画は広島カープのキャンプでの走塁練習の模様です。シミュレーション練習で、走者1、2塁ですがそれぞれでシミュレーションは変わり、1塁ランナーはヒットエンドランを想定し、ピッチャーが投げた瞬間スタートして3塁を狙う練習になります。2塁は外野へのヒットに対しホームを狙う練習になります。

 

1塁走者は、牽制を気にしながらピッチャーが足を上げたのと同時にスタートを切り、飛んだ打球の方向に対して3塁に行くか行かないか自己判断をしつつも、セカンドベースを蹴る前にはサードランナーコーチを見て最終判断を決める練習になります。重要なポイントは、
・盗塁と同じようにしっかりと良いスタートを切ること
・セカンドベース前は3塁を狙うために膨らんだ走塁をすること
・セカンドベース前でサードランナーコーチを見ること
・3塁へ行くと決めたらランナーコーチを見ながら全力で走ること
の4点が重要となります。ランナーコーチを見ながら、判断に迷うことなく3塁へ行くのか、行かないのかを決断することをしっかりと覚えることです。ランナーとランナーコーチとの連携を高めましょう。

2塁走者は、ピッチャーが投げてから2、3歩大きめのステップで進む第二リードをしっかり取りながら、打ったらスタートを切り、ランナーコーチの指示を見ながら聞きながら、ホームへ行くか行かないかを判断する練習です。第二リードを大きくとってからスタートを切る練習をしっかり行える練習となります。

 

この練習でもう一人重要なのがランナーコーチです。外野の守備位置、肩、飛んだ方向、打球スピードなどを頭に入れつつ、瞬時の判断でランナーに指示を与える必要があります。1点を取れるか取れないか、次の塁に進めるか進めないかは、ランナーコーチの手腕にかかっていると言っても過言では無いです。ランナーコーチもしっかりと練習しましょう。

では動画を参考にシミュレーション走塁練習をやってみてください。

 

動画引用元:広島東洋カープ 走塁練習の様子 沖縄キャンプ2012 2012/02/04