広島カープ内野手 基本の「右から」と「ヘソ」

今回の動画は、広島カープの内野手ノックの動画になりますが、見ていただけると分かりますが、内野手としての基本が全員しっかりできてます。

プロなので、基本が出来ていることは当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、その基本のカタチがとても綺麗です。これは、基本練習という地味な練習を、何度も何度も繰り返した賜物だと思います。

特に注目して欲しい基本が、まずは右から入るということ。グラウンドの足跡を見て頂きたいですが、どのポジションも綺麗に、右から左へ足跡が付いてます。しかも思っているより膨らんだ足跡になってます。練習だからこそ、大げさに、そしてしっかりと右から入ることを意識しているのかもしれません。

あとは捕球したらすぐにグローブをヘソに持ってくること。捕球してからグローブをヘソに持ってくるまでのスピードが速いです。

打球に対して右から入り、捕球をしたらグローブをヘソに速く持ってきて送球する。
基本中の基本の動きかもしれませんが、この2つをしっかり意識してノックを受けると、守備力が向上すると思います。

当サイトで紹介しました、

 

「右から入る」がもっと分かりやすくなる練習

捕球をしたらグローブをヘソへ持っていく

マーカーを使った右側から入る内野ゴロの練習方法

 

この3つの練習を実践すると良いと思います。

では動画をご覧ください。