内野守備:腰を低くキャッチング

■課題・要望
・内野守備で腰が高い

ノックを受けていて

腰が高えぞーっ!!

と言われる選手は多いのではないでしょうか。
いや、言われたことが無い人はいないと思うぐらい、誰もが指摘されますよね。

紹介する練習は、腰を低くしないとボールが獲れないぐらいのゴロを連続でキャッチングする練習ですが、疲れてきた時ほど、腰が高くなりますので、「低く、低く」を意識してキャッチしましょう。

この練習は、疲れてきた時ほどチャンスです!無意識に腰が低くなるチャンスです!

回数は、年齢によりますが20回ほどです。20回で楽勝であれば回数を増やしましょう。

■視聴タイム
全て