股関節を意識しながらグラブハンドリングの練習

野手というのは、何かと低い体勢が要求されます。その時、重要になるのが股関節の柔軟性です。

股関節が硬いと、深く礼をした状態でのキャッチングになるので不安定です。低い体勢というのは、腰をしっかり下ろした状態のこと言うので、この時に股関節の柔軟性が重要となります。イメージではありますが、相撲の立会い時の構えだとしっかりと相手の顔が見れますよね。つまりこの構えだとボールがしっかり見える状態を作れるという訳です。

動画を見れば分かりますが、股関節を意識して腰から低く構えた状態で、投げられてくるショートバウンドの球を上手くさばきながら行う練習です。

まず重要になるのが、やはり股関節です。股関節を意識して股関節から低く構えると、股間節が辛く感じますが、この辛さが良いです。辛いと思う位置まで腰を下げて、キャッチングを続けることで、柔軟性がプラスされていきます。

そしてグラブハンドリングについては、常にグローブを下から上に動かしながらキャッチすることが重要です。決して、上からグローブを出して、ボールに被せるようなグローブの動きをしてはダメです。「下から上、下から上」を強く意識して、グローブさばきをやると、おのずと上手いハンドリングが実現できてくると思います。

股関節を意識して、低い体勢を維持しながら、グローブを下から上へ動かしてキャッチングする練習をぜひやってみてください。

では動画をご覧ください。