ヒップファーストで体重移動を開始する投球フォームへ

基本的な投球フォームを整える際に「お尻」を気にすることは少ないと思います。軸足、腰、肩、肘、指先という部位は良くチェックするところではありますが、投手にとってお尻はとても重要な部位です。

右投手の場合、左足を上げて軸足で一本足立ちになりますが、このときの体重は軸足にしっかりと乗ってます。そこからホームベースに向かって体重移動を行い、体重の乗ったボールを投げるためには、お尻から動作を開始してスムーズな体重移動を行います。これをヒップファーストと言います。

 

踏み込み足を持ちあげたら、軸足1本で立った状態でキャッチャーに向かって体重移動を開始する。このとき必要になる動作がヒップファーストだ。これは尻を先行させて体重移動させる動作で、実践できると重心を落として体を移動させることができる。これは球速やボールの伸びにつながる重要な動作だ。このとき、軸足をやや曲げると強い力をためることができる。  *1

 

以上のことからも、球速アップや伸びのあるボールを投げるためには、スムーズな体重移動が重要であり、スムーズな体重移動をするためには、ヒップファーストの動作が重要になる、ということです。

ヒップファーストになっているかどうかは、投手自身ではなかなか把握し難いと思いますので、スマホで撮影するなど、可視化して確認すると良いと思います。

では参考になる動画をご覧ください。

動画引用元:ヒップファースト投球練習

 

*1