グローブの手入れ グローブも肌と同じ!? 落とすオイルと抑えるオイルを使い分ける

グローブは野球人にとっては必需品です。商売道具です。そんな道具を「汚れている状態のままにしておく」「手入れを全くしない状態にしておく」というのは、グローブ寿命も短くなりますし、グローブが良い状態ではないのでエラーも多くなってしまいます。グローブの手入れは本当に大切です。

 

今回紹介する動画は、毎日のお手入れ方法と、2つのオイルを使い分けて手入れする方法を紹介してます。どんな風に手入れすれば良いか分からない方や、どんな道具を使えば良いのか分からない方は必見です。

まずはタオルでグローブを表面の汚れを拭き取ります。頑固な汚れは置いといて、まずはすぐに落ちそうな汚れを軽く拭き取ります。また、紐部分など入り組んでおりタオルが入りにくい箇所に関してはブラシを使うと良いでしょう。一つは持っておくと便利です。

 

 

このタオルやブラシを使って汚れを落とすのは、毎日最低限のお手入れとして必ず行いましょう。

そして頑固な汚れに対しては、

 

 

を使うと良いでしょう。
保湿オイルをグローブに付けてケアを行う際、汚れがあるとグローブに十分な栄養が浸透しません。なので、汚れは専用のオイルを使ってしっかりと落とすことをオススメします。

タオルにオイルをつけて汚れを全体的に拭き取り、汚れの強い部分はしっかりと落ちきるまで行うと良いでしょう。ただしグローブを表面に傷が付くほど強くやってはいけません。

しっかりと汚れを落とした後は、

 

 

を使うことをオススメします。グローブに栄養と潤いを与え、強い革に育ち、かつ型崩れを防止する役目を果たしてます。専用のスポンジが付属で付いているので、そのスポンジにオイルを付けて、グローブ全体に薄く伸ばすように塗っていくと良いでしょう。紐にもこのオイルを塗り込むことで紐が切れることを防止してくれるそうです。仕上げとしてツヤ出しのクロスで全体を拭くと更に良いでしょう。

最後にボールを挟み、マジックテープをグローブを固定して型崩れしないようにすれば完了となります。

 

 

動画タイトルにも「お肌をいたわるように」と書いてますが、本当にそうですね。顔の汚れを落とすために洗顔をして、肌の潤いを保つために化粧水や乳液で保湿するように、グローブも同じように扱うと、グローブも喜ぶでしょう。

道具は大切に

筆者が少年野球の部訓の一つとしてありましたが、野球人として原点の言葉だと思ってます。

では詳細は動画をご覧いただき、今日からでもしっかりとグローブのケアを行いましょう。

 

動画引用元:お肌をいたわるように、グラブもお手入れ。【SSK野球公式】#ダンガンコスメ