ゲーム感覚で練習 バットコントロール技術力アップ法

■課題・要望
・バットコントロールの技術をアップしたい

たまにはゲーム感覚で楽しむ練習も取り入れたいですね。
でもゲームだからこそ、もしかするといつもより真剣に取り組んで練習するかもしれないです。

 

どんなゲームかと言いますと、グラウンド上に的(もしくはネット)を作り、そこに向かって打つゲーム(練習)になります。

筆者もこのゲームをやったことありますが、個人的には燃えました。なんとか的に当てたい気持ちでいっぱいになりますし、他の選手が当てたら「俺も!」となったことを覚えてます。

ちなみに、筆者がやった練習内容を少し細かくお伝えすると、

 

・右打者なら一二塁間に的、左打者なら三遊間に的、を置く

・単純に的に当たれば良いのではなく、強い打球で的に当たらないと合格にはならない

 

という2つの条件で、少ない球数で当てた方が勝ち、としてました。個人戦もありましたし、団体戦もありました。
どちらかというと団体戦の方が盛り上がります。

ゲーム感覚で練習できるものの、逆方向に強い打球を打って内野手の間を抜く練習になりますので、とても有意義な練習の一つにもなります。

このゲームのポイントは「強い打球で的に当てること」です。もっとハードなゲームにするならば、ライナーで当たったら、にすれば良いですが、それはさすがに難しいでしょう。打球が強いか弱いかは、誰か判定役として存在していれば良いです。

強い打球にするためには、手打ちではなくしっかりとスイングしなければいけないですし、フォロースルーも大きくしないと強い打球は実現できません。

反対方向へ強い打球を打つ良い練習の一つになると思います。

もちろんバットコントロールの練習になりますので、逆方向だけではなく、センター方向でも引っ張る方向でもやってみると、スイング技術が格段に上がると思います。
もしかすると、的に当たらないこと(できないこと)が、選手の練習に対する意欲に火を付けるきっかけになるかもしれないですね。

動画は、参考程度ではありますが、イチロー選手の神業バットコントロールの動画です。
特に参考にして欲しいのは、

 

・打ちたい方向へ打つためのヒッティングポイントを知っていること

・反対方向でもしっかりと体重が乗ったスイングをしていること

・フォロースルーを大きくとっていること

 

を参考にして欲しいです。

また逆方向へのバッティング練習は、

 

仁志敏久から学ぶ逆方向へのバッティング

逆方向へ強い打球を打つためのティーバッティング方法

 

も参考にしてください。

ではイチロー選手の神業をご覧ください。