正面からティーバッティング フォームを固めるための練習

副島孔太さんより練習動画を寄贈いただきましたので紹介します。
副島さん公式ホームページ25Laboも是非ご覧ください。
また、副島さんが監督されているBBCスカイホークスの公式ホームページはコチラです。

 

自分のスイングがしっかりとできない、フォームがバラバラでなかなか固まらない、選手にオススメの練習です。

練習内容は、正面からのティーバッティングとなり、投げ手は正面から下手投げでゆっくりとバッターに投げます。
バッターは、正面から来る緩い球をしっかりと引き付けた上でセンター中心に打ち返す練習になります。

注意点は、ボールを当てに行くようなスイングにならずに、普段素振りでやっているスイングでしっかりと打ち返すことに注意して行うことが重要です。

特に緩い球に対してバッターは、どうしても空振りをしたくないし、チップもしたくないので、当てに行こう、と考えてしまうものですが、この練習は空振りやチップを恐れずに、ボールを身体に近い位置まで引き寄せて、しっかりと自分のスイングをやることで、バッティングフォームが徐々に固まっていきます。

副島さんのスイングを見ると分かりますが、ボールをホームベース上まで引き付けて、センターや逆方向に対してしっかりとスイングしてます。特に、インパクトの瞬間に、ヘッドスピードがピークになることを意識して、強くスイングしているように思えます。

正面から緩い球を投げてもらい、その球をしっかりと引き付けてセンター中心に強い打球を打つイメージで、球を当てにいかず自分のスイングで強くスイングすることが、この練習になります。

では動画をご覧ください。

 

最後に。
副島さんはマンツーマンでの指導を行ってます!
ぜひ副島さんからの直接ご指導を受けてみてはいかがですか!?
予約確認はコチラから。