打撃練習 前後ステップティーバッティングで軸足のタメを覚える

投手でも打者でも同じことを言えますが「軸足のタメ」について、どうすれば上手くタメを作ることができるのか、前に突っ込んでしまう癖をどうすれば克服できるのか、は永遠のテーマなのかもしれませんね。

ボールを遠くに飛ばすにしても、強い打球を打てるようになるためにも、粘り強いバッティングをするにしても、やはり重要なポイントは軸足のタメ、にまずはなるのでは無いでしょうか。

 

今回紹介する動画は、軸足に体重が乗ることが出来ず、身体が前に出されて打ってしまう選手に有効な練習です。練習内容ですが、構えた状態から一足半ほど前にジャンプして前足に体重を乗せ、前足に乗せた体重を次は軸足に変え、軸足でしっかりタメを作ってからティーバッティングを行う練習です。

この練習のポイントは、一つは大げさにやることが重要です。細かく前後にステップするのではなく、前後にジャンプする勢いで前に踏み出すと良いでしょう。大げさにやることが重要ですが、今どこに体重が乗っているのかを感じながら、確認しながら行うとより質が高くなると思います。

二つ目は、投げ手側との呼吸です。この練習の目的は軸足にしっかりと体重を乗せた状態でスイング出来るようになることなので、軸足にタメが出来ていない状態で、早く投げてしまったりしては駄目です。投げ手側は打者の体重移動を確認しながら、軸足に体重がしっかりと乗ったことを確認してから投げることが重要です。この練習は急ぐ必要は無いです。じっくりと体重移動を確認しながら行えば良いので、もし打者側が急いでいる雰囲気の場合は、投げ手側が注意すると良いでしょう。

 

軸足にタメを作る練習はたくさんありますが、この前後ステップティーバッティングもその一つです。選手個々に合わせて、選手に合った練習で軸足のタメを覚えてください。この練習はオススメです。では詳細は動画をご覧ください。

 

 

 

動画引用元:野球指導〜前後にステップしてからのティーバッティング 打撃練習〜