基礎中の基礎 スローイングのフォームをしっかり学ぶ

この練習はピッチャーはもちろん、野手全員に共通する練習で、スローイングの基礎となります。もう聞き飽きたし、もう知っている、かもしれませんが、基礎というものは忘れがちです。今一度、じっくり学ぶのも良いかと思います。

スローイングの基礎としましては、まずは、

 

軸足の角度は相手に対して90度

 

であること。何気なくキャッチボールをしていると、90度になっていない選手が多いのではないでしょうか。90度は意識し続けてやらないと身に付かないです。そして、

 

踏み出す足は相手に向かって真っ直ぐ

 

であること。結構いますよね。真っ直ぐ踏み込めていない選手。もし出来ていない選手がいるならば、軸足の角度と踏み出す足の方向へTの字のラインを書いてあげると良いかもしれません。

 

踏み込む時に、右足から左足へ重心を移動させる

 

身体全体を使って、体重を乗せたスローイングが望ましいです。軸足にずっと体重が乗っかったままや、踏み出した足に早く体重を乗せ過ぎて身体が突っ込んだりせず、スムーズな体重移動を意識して行います。最後に投げる時は、

 

肩の力を抜いて、腕全体を大きく回して投げる

 

ことを心がけます。特に肘の位置は気を付けて、肘を高く上げて、大きなフォームで投げることを意識します。

以上が、動画で伝えているスローイングの基礎になります。特に最初の、軸足の角度が90度と、踏み出す足は相手に向かって真っ直ぐは、特に忘れがちなので、意識しながら行うと良いでしょう。

では動画をご覧ください。