守備練習 フットワークのトレーニングも兼ねた一人で出来るゴロ捕球練習

ゴロ捕球に大切なフットワークと捕球体勢を一人で出来る練習を紹介します。練習内容は、マーカーを5つ用意して、等間隔で真っ直ぐ5つ並べます。マーカーを捕球する箇所と想定し、マーカーまで足を運び、マーカーで捕球体勢に入り、スローイングまで行う練習です。これを5つのマーカー全て行い1ターンとします。

 

この練習の大事なポイントは、
・ボールの右から入ること
・右足の位置を決めること
・左足のかかとを立てて捕球すること
・前にステップしてスローイングすること
・フットワーク時は頭の高さを変えないこと(低い姿勢を保つ)
の5つです。この5つのポイントを意識して練習すると良いでしょう。

また、ボールが実際に転がってくるイメージを持ちながら行うことも重要です。ただ何気なく行うのではなく、速いゴロなのか、遅いゴロなのか、走者の足は速いのか、など、イメージを膨らませて行い、単調にならずに行うと良いでしょう。イメージすることで足の運び方に変化が出て、より実践に近い練習へ近づけます。

そしてこの練習は、この動画のように動画撮影しながら行うことをオススメします。足の運び方は良いのか、姿勢は低いままなのか、左足のかかとはしっかりと上がっているのか、など、綺麗な体勢、格好良い体勢で出来ているのか、練習と動画確認を繰り返しながら行うと、更に質が高まる練習となります。

 

最後に動画ではポールの位置をジグザグにして、アレンジしながら行ってます。これは大変GOOD。正面だけではなく、フォアへのアプローチ、バックハンドへのアプローチも、このマーカーを使った練習で行えるので、どんどんアレンジして、課題克服すると良いです。

では動画を参考にしてぜひ実践してみてください。

 

 

 

動画引用元:【守備ドリル!】1人で出来る守備練習!夏の暑さに負けず基本練習を繰り返そう!この積み重ねが上手くなる!【守備上達】【内野手必見】