足が速い選手はスイッチヒッターにチャレンジしてみては!?

現役でスイッチヒッターの代表選手と言えば、楽天の松井稼頭央選手、阪神の西岡剛選手あたりでしょうか。OB選手であれば、高橋慶彦、柴田勲、松永浩美、平野謙、屋鋪要と、名だたる面々が揃います。

お分かりの方もいらっしゃると思いますが、上記の選手に共通するのは「俊足」です。元々右打者で(西岡選手は左打者だと思いますが)プロ入り後、俊足を活かすために、スイッチヒッターに転向になった選手達です。名前の上がった選手は全員盗塁王に輝いている韋駄天男たちです。

またスイッチヒッターの有利な点として、ピッチャーが比較的投げやすい外に逃げるスライダーやカットボールに苦戦することが少なくなります。例えば、右投手で対戦相手が左打者の場合、打者の内側に曲がっていくボールはとても投げづらいです。少しでもコントロールミスすると外から真ん中に入る甘い球になりますし、厳しいところつけばデットボールの恐れもあります。投手の選択肢を狭めることは、打者にとても有利に働くと思います。

筆者が高校時代に、俊足の右打者の先輩が外に逃げる球が苦手だったため左打者に転向し、見事レギュラーを奪い取りました。しかも最後の夏は1番打者として、高い出塁率だったと記憶してます。

打撃をスイッチする選手を見てきた経験から、初めに困難な壁となるのが、「ボールに当てたい気持ちが強くて身体が前に出てしまう」と「バットコントロールがうまくできない」ではないでしょうか。

身体が前に出るのを防ぐオススメの練習は、

応用ティーバッティング 身体のタメと変化球に対応する練習

松田宣浩から習う飛距離アップのコツ

の2つで紹介してます、後ろから投げて行うティーバッティングがオススメです。
バットコントロールがうまくなりたい場合は、

古田が教えるバットコントロールを良くするトスバッティング

やはりトスバッティングがオススメです。
先輩もティーバッティングとトスバッティングをかなり練習されてました。

チーム内で俊足だけど右打者の選手についてはスイッチ転向にチャレンジしてみてはどうでしょうか。学童、学生の選手はまだまだ伸びしろがたっぷりありますし、多くの可能性も秘めているんで、思わぬ可能性が覚醒するかもしれません。

最後に、イメージのためにも筆者が大好きな選手の一人、松井稼頭央選手のホームラン集をご覧ください。