内野守備練習 菊池涼介のノック時の足さばきに注目

2017年WBC壮行試合で今一番ノリ乗っている選手と言えば広島カープの菊池涼介選手ですね。本戦で期待できる選手の一人です。

そんな菊池選手の守備練習の動画になります。
軽快で簡単にノックをさばいてますが、何度も繰り返してよく見ると、とても勉強になります。

内野手のノックと言えば、以前も紹介しましたが「右から入って送球しやすくする」というカタチが基本となりますが、このノックでは菊池選手はやってないですね。前に出ることなく、その場で捕球していることが分かります。

筆者が注目したのは「足さばき」です。

 

キャッチして送球する時、軸足はファーストに対して90度垂直にしっかりと向いており、かつ左足もしっかりとファーストに向かって出していることが分かります。

 

どんな捕球体勢になったとしても、この足さばきは完璧にやっています。

この足さばきのおかげで、上半身もファースト方向に向くことができ、安定した送球が実現できていると思います。

この足さばきを意識して、ノックを受ける練習も良いでしょう。

 

以下の画像は、関連するオススメ練習になります。
クリックするとリンクします。

基礎中の基礎 スローイングのフォームをしっかり学ぶ

 

送球ミスを少なく 一塁への送球の基本

 

SBホークス今宮健太がやっている送球練習

 

以上3つの練習も合わせて行うとより効果的かもしれません。
こちらも今一度ご覧ください。

では動画をご覧ください。

動画引用元:侍ジャパン カープ 菊池涼介 ノック 守備練習 2017 WBC 日本代表 宮崎強化合宿 Ryosuke Kikuchi