内野守備 一塁への送球を安定させる練習

送球ミスはチームの士気が下がり、送球ミスからガタガタと崩れ大量失点につながってしまうこと、結構ありますよね。このようなことが自チームで起こらないためにも、基本となる一塁への送球は確実に安定させたいですね。

練習内容は、捕球してステップをして一塁へ送球をしますが、ステップの勢いをそのまま利用して一塁方向へ5歩6歩ぐらい走っていく練習です。

 

注意すべき点は、捕球してから止まって投げないこと。その場で投げてしまうとステップの力が使えない分、力の無い送球になりますし、リズムがうまく取れないため送球ミスにつながりやすくなります。

【捕球→送球→走る】を意識して行うことが重要です。動画では「長嶋スロー」と呼んでますが、長嶋さんのサード守備のような送球スタイルのことを指しているのでしょう。あれはパフォーマンスだったかもしれませんが、もしかすると理にかなったプレーだったかもしれませんね。

身体ごと一塁に向いて一塁方向へ走り出しますので、送球が安定しやすくなると思います。内野手の安定した送球の意識付けにはとても良い練習と言えます。

 

・捕球してから一塁へ送球してからも一塁方向へ走る
・捕球してから止まって投げないこと
・捕球→送球→走るをリズム良く行う
以上3点がポイントになります。動画ではマーカーを使って走り出す方向を分かりやすく示してますが、これも良い点だと思います。是非マーカーを使うことをオススメします。
では動画をご覧ください。

 

 

動画引用元:【野球守備】送球が抜群に安定する!「長嶋スロー」