投手練習 プレートを外さず素早く一塁へ牽制するコツ

捕手目線でお話しすると、牽制の上手い投手とバッテリーを組んでいる時はとても楽です。試合の序盤で速い牽制を1、2回見せておけば、盗塁のサインが出しにくくなり、1塁に釘付けにしておけるパターンを作れます。なので、捕手のサインも、内角や緩急を付けたサインを出しやすくなり、相手バッターに的を絞らせにくくなりますので、牽制が上手い投手はそれだけで優位に立つことができます。もっと牽制が上手くなりたいですね。

 

まず、プロの牽制で軸足の「横外し」や「前外し」というのがありますが、正直判断は難しいところですが、アマチュアの世界では使わない方が賢明だと思います。学童や中学野球では「横外し」や「前外し」が許容されていない場合もあるようです。なので試合前や大会前には、その地域のルールを確認した上で行うことをオススメします。今回はプレートを外さない素早い牽制について紹介します。尚、右投手の場合です。

 

プレートを外さないバージョンで素早く一塁へ牽制するコツは、
・(可能ならば)セットポジションのグローブの位置は高め
・ボールを右耳に素早く引き付ける
・左足のつま先は1塁方向へ向ける
・1塁ベースの左角を狙う
の4つになります。

投手は投げて抑えることが役割なので、セットポジションのグローブの位置が高くて投げ難いのであれば、やらなくて良いですし、審判によってはあまりにもグローブの位置が高いと注意されることがあるので気を付ける必要がありますが、少しでもボールを速く投げるためには、グローブの位置はベルトの位置より胸元あたりにあった方が速いのは間違いありません。この小さな距離がアウト、セーフを決める可能性もあります。

そして、無駄な動きをせず一塁方向へ回転しながら、ボールを右耳あたりに素早く引き付けてから投げると、無駄の少ない動きになり、速い牽制につながります。しかし、基本的に投手は腕を大きく振って投げるので、投球と牽制の投げ方が変わることは注意しないといけません。キャッチャーのようにボールを素早く引き付けてから投げる練習は必要です。

左足を真っ直ぐ1塁に向けないとボークを取られるので、足自体を真っ直ぐ向けるのは当たり前ですが、つま先までしっかり向けないと、ボールの勢いが弱まりますし、コントロールも上手く付かないことがあります。つま先までしっかりと1塁に向いていることが重要です。

最後に1塁ベースの左角を狙って投げるのは、もちろんファーストが最短距離でタッチしやすいようにです。速く投げる必要もありますが、コントロールを重視した方が良いと思います。

動画は、プロ野球界でナンバー1の牽制の上手さがあると言われているオリックスの西勇輝投手の牽制練習です。セット時のグローブの位置は高く、無駄なく素早く回転して正確に1塁へ投げることに関しては、かなりの高等テクニックを保持している投手であることは間違いないです。西投手は少し前外し気味なので、使う方は参考にして頂き、外し方以外の、回り方、ボールの引き付け方、左足のつま先の方向、正確なコントロールは参考になりますので、ご覧ください。

 


 

動画引用元:一塁牽制練習する西勇輝投手(#21)。オリックス春季キャンプ2014