投手練習 菅野智之 指先の筋力アップ!打てないストレートを目指す

巨人のエース、いや日本のエースと言っても過言ではない「菅野智之選手」もやっている、指先の筋力アップを狙ったトレーニングの紹介です。ちなみにこの練習は、2016年ドラフトで、ヤクルトから1位指名された履正社の寺島成輝投手と、オリックスから1位指名された東京ガスの山岡泰輔投手も実施しているトレーニングでもあります。

 

q1

 

上の写真に記載している通り、今シーズン菅野投手のストレート平均球速が2kmアップしてます。この2kmアップした要因は何か、を探ってみましょう。

 

リリースの瞬間に去年よりも強くボールを押し込めている。指先で弾けているな、という感触がある。大谷くんにしても則本くんにしても、力を前に出せているな、という感じがある

 

と菅野選手が言ってますが、そのトレーニングを実施してから、指先の力が増し、ボールを押し込むことができ、ボールを前の方で弾けさせていることを体感しているようです。球界を代表する速球派投手は、力を前に出せている、ということを、菅野選手もやってみたかったのでしょう。

 

q2

 

まず一つ目が、バトミントンのラケットを使った練習。ラケットにテーピングを貼って抵抗を付けてから、いいリリースのところでラケットの面が返っているいるのか確認する練習とのこと。

 

q3

 

二つ目が、台を使った練習。マウンドとは逆の傾斜を付けた練習をすることで、平地よりも止まっている時間を作りやすくなるので、より腕の振りを加速させるとのこと。止まっている時間を作ることで、パワーがたまっている感覚、壁がしっかりと出来ている感覚をやしなってます。

 

q5

 

最後三つ目が、このウエイトボールを使った練習。この練習こそが先に紹介しました、寺島投手、山岡投手のドラフト1位両投手も実施している練習です。詳細は動画を見てもらえると分かりますが、ボールを回しながら、離す掴むを繰り返し行う練習です。この練習により、前腕筋と指先(握力)が鍛えられ、リリースがより力強くなり、結果、球速アップにつながります。
ウエイトボールについては、小学生は2kgのウエイトボール、中学生以上は3kgのウエイトボールを使ってトレーニングをすると良いでしょう。

ぜひ動画を参考にやってみてください。

 

 

動画引用元:【亀梨140キロ企画】巨人菅野から球速アップアイテムをゲット!