指先と前腕を鍛えて球速アップ

2016年ドラフト1位でオリックスから指名された山岡泰輔投手が、プロで通用するストレートになるように、社会人時代にずっと取り組んだ練習の紹介です。

ちなみにこの練習は、侍ジャパン&巨人のエース菅野智之投手もやっているトレーニングです。

 

かなりボールが変わってきました。
押し込む力が強くなり、指先が強くなればなるほど、自分でも強く押し込めている感覚が良くなった。

 

と、山岡投手が言ってます。

このトレーニングを行ったことで、指先の力が増し、ボールを押し込むことができ、ボールを前の方で弾けさせている感覚が、ストレートの質と球速を良い方向へ持っていけたのでしょう。

練習方法ですが、詳細は動画を見てもらえると分かりますが、ウエイトボールを回しながら、離す・掴むを繰り返し行う練習です。

この練習により、前腕と指先が鍛えられ、リリースがより力強くなり、結果、球速アップにつながると考えられます。

 

以上がウエイトボールになります。

投げるボールと最後の最後まで接触している部分は指です。身体全身を使ったフォームで投げていたとしても、ボールに力を伝える最後の部分が弱いと、100%の力がボールに伝わらないのでしょう。

投手において、このトレーニングはとても重要ですね。

では動画をご覧ください。