空き缶を使って身体が開かない練習方法

そもそも身体が開いている状態とはどういう状態なのか。

投手に対して胸が見えている状態

これが、肩や身体が開いている状態です。動画で分かりやすく説明してますので、後ほどご覧ください。

つまり、胸がどれだけ残っているのか、がとても重要になります。選手がバッティングしている動画を撮影する際は、選手の胸の位置を常に見ておくと良いかもしれません、

 

身体が開く選手は、投手側にある足(右打者なら左足、左打者なら右足)で壁が作れていないです。つま先や膝がまず開いてしまいます。なので、投手側にある足をまずは開かないように矯正します。その方法が、

 

空き缶

 

を使って行う練習です。
投手側にある足のかかとで空き缶を踏みます。これでスイングすると足の開きが強制的に開かなくなります。これは、

バッティングフォームで膝やつま先の開きを防ぐ練習

以前、この記事で紹介した内容と同じような練習です。

開きの癖を矯正するのはとても大変です。
動画でも言ってますが、開きの無いスイングになるためには、この練習を素振りやティーバッティングで行い、身体に馴染むまで行うことが重要です。つまり反復練習です。

最後に、素振りやティーをする時の注意点ですが、

 

・上体だけで振らない
・下半身を使う
・リズムよくスイング

 

という3つを守って実施すると良いでしょう。

では動画をご覧ください。