右投手は左打者に有効!カットボールを習得する

■課題・要望
・カットボールを習得したい

カット・ファストボールの投げ方を紹介している動画です。

カットボールとは

カットボールはカット・ファストボールの略称で、スライダーより速く、変化の少ない変化球です。メジャーではカッターと呼ばれてます。
変化が少ないので空振りを取りに行く変化球ではないですが、ストレートと同じ軌道からわずかに変化するボールになるので、バットの芯を外して打ち取ることのできるボールです。また、右投手が左打者に対して投げた場合は、内角に突然くい込んで来るので、詰まらせることも出来ます。

握り方とリリースについて

カットボールの握りは、ストレートの握りから全体的に指一本分ボールの外側へずらして握ります。簡単に言うと、ストレートとスライダーの中間です。リリースはストレートと同じなので、比較的覚えやすく負担の少ないボールではないでしょうか。尚、スライダーの様に手首を外側へ向けれるほど球速が落ち、変化量が大きくなりますが、これではスライダーなので、別な変化球となります。

どういう時にカットボールを使うのか

右投手であれば、やはり左打者に有効と考えて良いです。ただし、左打者の膝元にコントロールできればの話でもあります。左打差の膝元にカットボールを投げれば、ストレートのタイミングで振り出していたらファール、もしくは、ボールの上っ面を叩いてゴロ。また、中にくい込んで来るので詰まらせることが出来る。という左打者にはとても有効なボールと言えます。三振は難しいかもしれないですが、対左打者でカウントが欲しいとき、ゴロを打たせたいときにカットボールを使うと有効と言えます。

よりカットボールを効果的にするために

平均よりもストレートが速い投手が習得すると、もっとカットボールが活きると思います。なので、同時にストレートの威力を高めること考えた方が良いと思います。また前述してますが、コントロールも重要です。打者の膝元に投げれるようにすれば、より活きるボールになることは間違いないです。
ストレートの球速アップと打者の膝元へのコントロール。この2つでよりカットボールは効果を増します。