バッティング練習 正しいインパクトを覚えるためにテニスラケットを使う

正しくボールをとらえていることが出来ているのか、もしくは出来ていないのか、は普通のバットだと分かり難いです。そこで使う道具がテニスラケットです。インパクトの瞬間にラケットの面でとらえないと、真っ直ぐで強い打球を打つことが出来ません。これはバットでも同じです。

前手(右打者で言うと左手)だけを使ってボールを面でとらえるためには、脇を閉めること、肘がたたまれていること、手首を返しが早くないこと、が重要となります。特に脇が開いていないスイングを行うことで、身体の開きを防ぐ練習にもなり、とても良い練習になります。

 

練習方法は、前手でテニスラケットを持ち、テニスボールをティーバッティングの方法で打つ練習になります。

注意するポイントは、まずは脇が閉まっていること。脇が開いてしまうと上手くボールを面でとらえることができず、打球は上の方へポップフライのようになります。センター方向へ真っ直ぐ強い打球を打つためには、まずは脇をしっかり閉めることが重要になります。

続いてのポイントは、手首の返しがインパクトの時点で返っていないこと。つまり、こねたスイングになっていないことです。インパクトの瞬間まで手の甲を投手側に向けて、手首の返しを我慢してインパクトすることが重要です。手首の返しが早いと、脇が開いている時と同じように打球は弱く上に上がります。

脇を閉め、手首の返しを我慢しながらインパクトすることをこの練習で覚えます。打球を見れば一目瞭然なので分かりやすい練習です。

 

また、工夫ポイントとして、真横からボールを投げてもらい、かつロングティーのやり方で打球の行方をしっかりと見れると、より良い練習につながると思います。真横から投げてもらうことで、身体の近い位置でボールをとらえないといけないですが、身体の近い位置でも面でとらえることができ、そして打球もしっかりとセンター方向へ綺麗に飛んでいるか確認することが重要です。

面でとらえる正しいインパクトを目指すのであれば、この練習はオススメです。動画を参考に試してください。

 

 

動画引用元:中学野球太郎Vol.12/P68 前手テニスラケット