外野守備練習 チャージをかけてバックホームへの返球の練習

外野手の見せ場の一つであるバックホームへの返球がありますが、この返球が上達するためのコツは、もちろん肩の強さもありますが、助走を兼ねたチャージを覚えることがとても重要です。チャージが上手くなると、助走も上手くできるようになるので、勢いのある返球を実現できるようになります。

 

練習内容は、選手が全力で前に走るタイミングに合わせて、投げ手がその場にバウンドボールを投げる。選手は前に走りながら、ボールをキャッチして、上手く足を合わせて前方に送球する練習になります。

この練習のポイントは、足の使い方です。前に全力で走りチャージをかけながらも、ボールをキャッチするタイミングをはかり、キャッチしたら送球前に一度大きくジャンプして、大きなフォームで全力で投げることです。タイミングをはかり細かい足の動きをやりながらも、スピードを殺さないチャージを心がけることが重要です。

また右足が前でキャッチすべきか、左足が前でキャッチすべきか、どちらの足を前に出した方が良いか、ということがありますが、個人的にはそんなに気にする必要は無いと思います。前にチャージをかけている状態なので、どっちの足を前で捕ろうか考えている暇は無いと思いますし、どちらの足でも対応できている状態が最も良いと思います。

 

外野手にとって肩の強さは重要ですが、しっかりチャージして返球できる技術があると、弱い肩を補える助走が実現できますので、このチャージの練習はとてもオススメです。

では動画をご覧ください。

 

 

動画引用元:札幌円山シニア 外野練習