捕手練習 キャッチャーの2塁への送球のコツ

何度も言って申し訳ないですが、筆者はキャッチャー出身のため、キャッチャーの練習にはとてもこだわりがあります。しかも2塁への送球については、かなり練習した覚えがあります。

筆者が勝手に思う、現役プロ野球界の捕手の中で、2塁への送球が最も旨いのは、西武ライオンズの炭谷選手だと思ってます。一番下に炭谷選手の動画を載せてますので、こちらは後でご覧ください。

筆者は肩が弱かったです。
なので、キャッチしてからスローイングするまでの時間をいかに短くすること、そして、少しでも助走して強い送球ができないか、ということをものすごく工夫しました。

2塁へのスローイングについて、様々な練習ポイントや意識するポイントがありますが、今回紹介したいのは、

 

・キャッチする少し前に左足を前に出して助走する

・身体に近い位置でキャッチする

 

という2点のコツです。

動画で炭谷選手もやってますが、キャッチングする直前に左足を少し前に出して、投げる方向にスムーズに体重移動できる状態を作ります。助走的な意味合いもあると思ってます。この左足を動かすのか動かさないのかだけで、送球のスピードが全く違いますので、この左足は必ず前に動かすべきです。

キャッチしてからすぐにトップに位置を作りたいので、キャッチングは身体に近い位置で行ってました。イメージ的にはミットを引きながらキャッチするイメージです。ボールを前に追いかけて身体から離れた位置でキャッチするのと、ミットを引きながら身体に近い位置でボールをキャッチするのとでは、捕ってから送球するまでのスピードが大きく変わります。

肩が弱いキャッチャーはもちろん、肩に自信があるキャッチャーにもやって頂きたいです。このような、細かいプレーが、大きな結果を生むことにつながると思います。

では、炭谷選手のスローイングの動画をしっかりとご覧ください。

 


動画引用元:まねしたい!炭谷銀仁朗のセカンド送球 [リピート]