捕手練習 様々なワンバウンドキャッチ練習でボールを前に落とす

キャッチャーが投手やチームから信頼を得るためには「ボールを後ろにそらさない捕手になること」ということが重要となります。
・身体を張ってボールを捕りに行く
・何が何でも後ろにそらさない動き
を捕手が出来るようになると、守備が引き締まりますし、チームから信頼を勝ち取れるようになります。やはり捕手はチームの要なので、気持ちでプレーすることは大事です。

捕手の見せどころとしてワンバウンドキャッチがありますが、厳密に言えばキャッチというよりは、ボールを後ろにそらすことなく、身体の前にボールを落とすことが優先されます。キャッチ優先なのか前に落とすことが優先なのかは、時と場合によりますが、基本は前に落とすことが最優先だと思います。

 

ワンバウンドキャッチが上手くなるためには、投手が投げる球だけのワンバウンドを受けるだけではなく、ノックを通じて様々なワンバウンドを受けて、どんなワンバウンドでも対応できることが重要となります。練習内容は動画を見ると分かりますが、ピッチャーマウンドからノックを打ち、近くで跳ねるワンバウンド、遠くで跳ねるワンバウンドなど、様々なワンバウンドを体験すると良いでしょう。

特に自分の身体の近くで跳ねるワンバウンドについては、ミットでボールを捕りに行くのではなく、両膝を素早く地面に付けて、自分の身体の近くにボールが落ちるように、ボールを胸あたりに当てて落とします。この時、力をグッと入れてしまうと、ボールが遠くまで転がってしまうので、肩や背中の力を抜いてボールを当て、自分の足元辺りにボールが落ちることを目指します。

 

ポイントは色々ありますが、まずはボールから目をそらさないことが重要です。怖さがありますが、恐怖心を克服して、最後の最後までボールを目で追い、しっかりとボールを身体に当てることが重要です。また顔を背けてしまうと、マスクで保護されていない耳などに当たる場合がありますので、顔を背けないことも重要です。

捕手としては恐怖心と痛みが伴う、嫌な練習かもしれないですが、ワンバウンドを確実に処理できるキャッチャーとなり、投手やチームから絶大な信頼を得てもらいたいと思います。では動画を参考にしてみてください。

 


 

 

動画引用元:【東京バンバータ】正捕手争い熾烈!山村vs佐藤|捕手出身クマカン愛のしごき