守備練習 ただの肩ならしではなく足を動かしてキャッチボールを行う

野球の練習においてキャッチボールは基本中の基本です。基本だからこそ大事にしないといけないですし、基本がしっかり出来ていないと他の応用にも悪い影響が出てしまいます。

動画では、守備力を上げるキャッチボールをテーマに意識することを紹介しており、ただの肩ならしのキャッチボールにするのではなく、意識や課題感を持って取り組むことを教えてくれる動画です。

 

意識するのは「足」です。
みなさんどうでしょう。普段キャッチボールをしている時、キャッチする際に足はどうなってますでしょうか?両足を肩幅ぐらいに開いて止まりながらキャッチしていないでしょうか。ただ立ってキャッチするシーンは、試合においてはなかなか無いシチュエーションですよね。ゴロをキャッチする、返球をキャッチする時は、ほとんどの場合が、足を動かしながら、次の動作を意識しながらキャッチすると思います。このようなちょっとした意識が上手くなるコツでもあると筆者は思います。

この意識をキャッチボールの段階から持って行うと、ただの肩ならしで終わるキャッチボールでは無くなります。

足の使い方も様々で、前に少しだけ一歩出してキャッチするのでも良いですし、1、2と軽くステップを踏みながらキャッチするのでも良いですし、課題を持って取り組んだりイメージしながら行うことが重要です。

キャッチボールは毎日やる練習ですし単調な練習であることは間違い無く、ダラダラとこなすだけの練習になりがちです。しかし、繰り返しになりますが、キャッチボールは基本であり、基本だからこそとても大事に、そしてしっかりとやることこそ、野球上達の一歩になると思います。

足を動かし、動きの中でキャッチする意識で捕球する。

ということを強く意識しながらキャッチボールに取り組んでください。他の選手に差が付くきっかけにもなると思います。では、動画を参考にしてください。

 

 

 

動画引用元:守備力を上げる『キャッチボール』。忘れがちな1つの意識を持つことで守備力アップにつながる!【内野手必見!】