捕球をしたらグローブをヘソへ持っていく

内野手のゴロを捕球する練習で、

 

捕ったらすぐにボールを耳に持ってくること!

 

と教えられることが多いと思いますが、筆者の個人的な見解で言いますと、確かに合ってますが、捕球から送球まで工程を順番で教えた方が良いかと思います。工程を順番通りに教えることで、選手自身はどの工程ができて、どの行程が苦手か、というのが理解しやすくなると思います。

漠然と「守備が苦手」ではなく、「捕球するまでの足の運びが苦手」「捕球してから送球するまでのステップがぎこちない」など、分解した上で苦手、課題が明確になると良いですね。

内野手においてシングルキャッチや逆シングルではなく、基本フォームでゴロを捕球する際は、

 

1:打球に対して右から入る
2:捕球
3:グローブをヘソ(身体の中)に持っていく
4:ステップ
5:送球

 

という工程になりますが、特に3の「グローブをヘソ(身体の中)に持っていく」が意外に知られていないと思います。

実際にやってみると分かりますが、捕球後、そのままボールを耳に持ってくると、確かに最短距離かもしれないですが、

 

・送球するまでのステップが合いにくい

・ボールを雑に扱うのでファンブルしやすい

 

ということに気付きます。
捕球したボールと一緒にグローブごと身体の中心であるヘソに持っていくことで、ボールがファンブルしにくくなり、かつ、余裕を持ったステップをすることができます。

動画のように、

 

捕ったらヘソ!

 

を合言葉にゴロ練習するのも良いかもしれないですね。

尚、横浜の渡邊選手も同様なことをおっしゃってましたので、

野守備の捕球から送球までの基本動作とノックを受ける時の心構え

↑こちらもご覧ください。