テニスラケットを使ってボールを面でとらえる練習

■課題・要望
・バットをこねた打ち方をする
・上体が前に出やすい

 

面でとらえて打つ

 

とよく言われますが、では、どんな練習すれば面でとらえることが上達するのか、分からないですよね。
今回は、テニスラケットを使って、ボールを面でとらえる感覚をやしなう練習を紹介します。

特に、下半身に無駄な動きが多く、上体が前に倒れ、バットをこねるように打つ選手に効果的な練習と言えます。

この練習は以前紹介しました、

椅子に座ってスローイング練習 正しいフォームで投げよう

の、バッティングレクチャーバージョンになります。
なので、今回も椅子に座った状態で練習を行います。椅子に座ることで、下半身に無駄動きがなくなり、上体が前に出てしまうような動きを軽減できます。

この練習のポイントは3つです。

 

1:椅子に浅く座って、背中をしっかりと反らして構えること

2:腰をしっかりと回して打つ方向へ面を向けること

3:軸足はしっかりとひねり、前足は膝が外に向かないようにすること

 

1番と3番については、意識すればある程度できて、動画に出ている選手のように、全体的に大きなスイングへと変わると思いますが、とても重要なポイントは、2番の「打つ方向へ面を向ける」です。

ボールを面でとらえるには、肘と手首の動かし方に少し工夫が必要になり、最初のうちは、ラケットの外側にボールが当たってしまったり、ボールを切って打ってしまったりするかと思いますので、面の中心でボールをとらえる意識を高めて練習することがとても重要になります。

面でとらえ始めると、肘や手首の使い方が上手くなり、こねるバッティングが改善されると思います。

ぜひチャレンジしてください。