バント練習 片手でバットを持ちグリップを肩に当てて行う練習

試合においてバントはとても重要です。必ずランナーを進めたいときに使う戦術の一つですが、必ずランナーを進めたいからこそ打者は緊張しやすいですし、顔の近くでボールを当てるため恐怖心もある、緊張と恐怖心が混ざった難しいプレーでもあります。緊張と恐怖心を克服するためにもバント練習を重ねて自信を付けたいところですね。

バントミスをしやすいパターンとして、ボールが当たる直前にバットを引いてしまい、顔の後ろでボールを当ててしまうことがあります。バットを引いてしまうとファールになってしまうことが多く上手くバントを決めることが難しくなってしまいます。なので、バットを引かずに、顔の前でしっかりとボールを当てるテクニックが必要になります。

 

練習内容は、右打者の場合は右手だけでバットを持ち、グリップを左肩に当ててバントを行う練習になります。グリップを左肩に当てることにより、バットを引くとグリップが左肩から離れてしまうので、選手がバットを引いてしまったことを認識しやすくなります。まずは課題点を認識することが重要となります。

またもう一つ重要なことは膝です。膝を柔らかく保ち、上下左右に動くボールに対し、手だけでボールを追いかけるのではなく、膝を使ってボールを追いかけることが重要です。

 

・ボールが当たる直前にバットを引かない
・顔の後ろでボールを当てない
・手だけでボールを追いかけない
3点を気を付けて、片手でバットを持ってグリップを肩に当てた状態でバント練習し、もしグリップが肩から離れてバントしてしまうのであれば、バットを引いていると認識し、バットを引かないことを克服する練習をしましょう。

では動画をご覧ください。

 

 

動画引用元:ヒザを使えるようになる!バントの練習方法