野球の試合前 試合当日の朝食はどのタイミングで何を食べれば良いのか

野球選手にとって食事はとても大事です。特に試合では最高のパフォーマンスを発揮したい、という気持ちは誰しも思うことだと思いますが、そのためには試合当日の朝に何を食べるのか、がとても重要になります。

甲子園の第1試合目は(1日4試合ある日は)朝8時から試合開始。早朝から試合開始ということがあります。また、少年野球や学童野球においても、早朝から試合開始ということは珍しいことではないと思います。しかし、選手の中には、

・朝が弱い選手
・朝は力が発揮できない選手
・まだ眠い選手

ということはないでしょうか。力は十分にあるにも関わらず「朝の準備」が不十分なために、早朝での試合開始からフルスロットルでパフォーマンスを発揮できない選手は多くいます。発揮できない理由は様々だと思いますが、筆者的に大事なのは試合当日に食べる「朝食」だと思います。どのタイミングで、どんなモノを食べれば良いのか、が重要になると考えます。

 

まずタイミングですが、消化する時間を考慮し、試合開始の3~4時間前に済ませておくことが理想です。試合開始が8時の場合は、朝5時前には食事を取る、ということになります。朝がものすごく早くて大変ですね。しかし最大限のパフォーマンスを発揮するためには必要なことだと思います。もし、寝坊して食事が取れなかった場合や、緊張で食べ物が喉を通らない場合は、消化の即効性のあるゼリーや、飴玉でも良いので、糖質を補給しておいた方が良いです。

そして食べ物ですが、上記でも少し出ましたが、エネルギー源となる糖質(炭水化物)を多く含んだメニューが良いです。この時、脂分の多い食品は避けましょう。オススメは、白米(おにぎり)、うどん、パン、パスタが良いです。消化が良く、糖質を多く含み、エネルギーになりやすい食べ物を選ぶと良いでしょう。

 

筆者の体験談になりますが、筆者が少年野球時代、試合のある日は、ほぼ必ずと言っていいほど、朝5時に起こされ、うどんを食べに行ってました。眠い目をこすり、寝癖ボーボー、パジャマのまま、早朝からやっているうどん屋へ車で連れて行かれ、かけうどんに卵をトッピングしたものを食べてから、試合に向かってました。

きっと筆者の親は今のように情報がなかなか手に入り難い時代だったので「なぜ早朝にうどんを食べていたのか」を科学的に説明はできないと思いますが、こうして筆者がスポーツの食事について学ぶと、親がやってくれたことは、とても良かったのだと、今更ながら感謝するばかりです。

おかげ様で、1試合目から眠かった経験は無いですし、最初からエネルギー満タンで試合にのぞむことができました。筆者の個人的なオススメですが、試合開始の3~4時間前に食べる朝食は「うどん」はパワーフードです。

筆者のようにわざわざ食べに行かなくても、自宅で手軽にうどん料理はできるので、ぜひ動画を参考にして、試してみてください。


 

 

 

動画引用元:超簡単!!男のモテ料理 5分でできる『釜玉うどん』