内野守備 バウンドマッチ 捕りやすいバウンドに合わせにいく意識が大事

エラーする多くのパターンは、捕りにくいバウンドで捕球していることが多いです。捕りやすいバウンドは「ショートバウンド(上がり始め)」と「落ち際のバウンド」の2か所です。逆に捕りにくいバウンドは「ハーフバウンド(上がり途中)」となります。いかに捕りやすいバウンドに合わせて足を運ぶかが、エラーを防ぐ第一歩になります。

練習の名前は「バウンドマッチ」

・3バウンド目をショートバウンドか落ち際のバウンドで捕球
・2バウンド目をショートバウンドか落ち際のバウンドで捕球
・1バウンド目をショートバウンドか落ち際のバウンドで捕球
の3種類の練習を行います。
この練習はノックではなく、まずは投げ手がゆっくり投げてあげることからスタートすることです。バウンドを合わせてキャッチすることが重要なので、スムーズにできるまでゆっくりとやることが大切です。

実際にやると分かりますが、最初のうちは結構難しいです。身体を動かしながら、ボールの軌道を読むので、身体・目・感覚を同時進行させる作業は難しいです。慣れるまで何度も何度も繰り返す必要のある、根気のいる練習になります。慣れてくれば、バウンドの軌道を少しずつ低くして、送球スピードを少しずつ上げると良いです。

練習内容が分かりやすい動画にまとまってますので、詳しくは動画をご覧ください。

動画引用元:【内野守備】「ゴロのバウンド」を上手く合わせられるようになる「バウンドマッチ」