内野守備練習 バウンドが合わない打球に対する対処方法

内野守備において、一歩目のスタートが切れずに、なかなかバウンドが合わない場合ってありますよね。特に、真正面に来た打球だったり、サードやファーストで速い打球が来た時は、バウンドが合わず足が止まってしまう、ということあります。この動画では仁志敏久さんが、バウンドが合わない打球に対する対処方法をレクチャーしている動画になります。

 

最初のポイントは、慌てて最後に止めにいくような形にならないことです。特に頭が上がった状態で止めに行くと、身体を引いてしまったり、低いボールに対応できなくなったり、と上手く処理できない可能性が高くなります。

なので、落ち着いて頭を下げた状態を作り、両足が横に揃うことなく、右足もしくは左足を引いて構えると良いです。頭だけをグッと下げて目線を変えないことが次のポイントとなります。そして冷静に最後までボールを見極めることも重要です。

最後のポイントはグローブを自由にハンドリングできる状態にあること。バウンドが合わないとはいえ、次の動作である送球につなげるためには、もちろんグローブで上手くキャッチする必要があります。なので、グローブを自由に柔らかく使ってボールを掴みに行くことです。

 

練習方法としては、投げ手の方に正面からバウンドボールを少し強めに投げてもらい、上記のポイントの通り、「慌てて止めにいく形にならないこと」「頭だけを下げて目線を変えず構えること」「最後までボールを見極めグローブで掴みに行くこと」を意識してやってみると良いでしょう。いざという時に使えるテクニックだと思います。

では動画をご覧ください。

 

 

動画引用元:守備編・バウンドが合わない打球への対応を覚えよう【仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本】