打撃練習 点を取るために自分の役割が分かっている打者になること

今回紹介する動画で打席に立っている打者に「アッパレ」をあげたいです。日曜の朝のようですが(笑)小学何年生か分かりませんが、身体はとても小さいバッターですが、点を取るために自分が何をすべきか、役割が何なのかを理解している素晴らしいバッターだと思います。

 

まず、ランナー1塁の状況で打席に立ちますが、ピッチャーがランナーを警戒して2度牽制します。多分、1塁ランナーは足が速いのでしょう。そして、初球でランナーが盗塁しますが、バッターはバントの構えをしてランナーのアシストをしてます。ランナーを前に進めるイメージがすでにありますね。結果、内角に大きくそれて余裕で盗塁成功。

ランナーが2塁になった状態で、改めてサインが出ている時、バッターはしっかりとバッターボックスから外しサインを見てますが、とても落ち着いて平常心でいる感じがします。これもGOODポイントだと思います。チャンスでも焦る感じが全く無いです。

2球目がストライクで3球目はボールとなりますが、2塁ランナーが3盗して成功します。ランナーも足が速いですね。そして 4球目を外角の少し高めの球をレフト方向へ流し、レフト前ヒットを打って、点を取りました。

この年齢でこんなバッティングが出来るのは、本当に将来が楽しみな選手です。構えている間ずっと身体を動かして、常に動の状態でタイミングをはかり、綺麗なレベルスイングで打ち返している姿は、プロ顔負けだと思います。

 

何より凄いのが、無理せず流したこと。ランナー3塁でチャンスの状況なので絶対打ちたいですよね。力一杯スイングして、引っ張って打ち返したい状況です。なので、バッテリーは外角の球を投げて引っ掛けさせるのがリードのセオリーで、ピッチャーもその通り投げたと思います。しかしバッターは、外角高めのボールをいとも簡単にレフト前に運んだ訳です。外角に来るとわかっていたかのように。

ランナーは足が速いので、多分内野ゴロでも点が取れていたでしょう。最悪のパターンは三振か内野フライなので、ポイントを前にして打ちたくないし、力んでポップフライにもなりたくない。なので、バッターはボール引き付けてからバットに当てる意識が重要なのですが、この状況でこの年齢で、平然とやってのけてます。

実際、ここまで考えられていたのかは分かりません。多分、まだ小学生なので言語化することも難しいと思います。なので真意は分からないですが、確実に身体は反応できてます。すごくナチュラルに。状況がしっかりとイメージ出来て、自分が何をやるべきなのかが分かっているプレーは、すごく褒めたいところですね。

 

小学生の時から、状況の中で自分が何をすべきか、どんな役割をすれば点が取れるのか、を考える、もしくはイメージする、ということを鍛えていると、素晴らしい選手に近づけると思います。では、動画を見て、皆さんもアッパレをあげてください。

 


 

 

動画引用元:お手本のようなバッター