バッティングにおいて強いインパクトを生み出すための練習

強いインパクトを生み出し、より強い打球を打てるようになりたい、よりボールを遠くに飛ばしたい、という願望は誰しもあると思います。永遠のテーマかもしれないですね。

強いインパクトがうまく作れない打者によくある傾向として、身体の回転とインパクトのタイミングが合っていないことが多いです。身体が開いてしまいバットが随分遅れて出てくる、体重が後ろに残り過ぎた状態でスイングしてしまったりすることがインパクトが弱くなる主な原因です。

 

身体の回転とボールが来るタイミングをしっかりと合わせることでインパクトの強さが増します。身体の回転とタイミングを合わせる最適な練習方法が、連続ティーバッティングになります。

連続ティーの目的としてスイングスピードを高めるための練習が挙げられる場合がありますが、スイングスピードにももちろん効果的と言えます。ただ今回は、強いインパクトを生むための目的に絞り、身体の回転とボールが来るタイミングを合わせる意識に集中して行うと良いと思います。

特に意識する箇所は、(右打者であれば)左足のかかとです。左足のかかとだけ上げて打つことです。ボールが来るまではかかとを上げておいて、タイミングよくかかとを踏み込んでスイングし、踏み込むタイミングとスイングを合わせることが重要です。

身体の回転、踏み込む反動で生まれる体重の乗り、ボールに対してタイミングの良いスイング、が強いインパクトを生む原動力になります。この連続ティーを通じて強いインパクトを手に入れてください。

では動画をご覧ください。

動画引用元:インパクトに強く打つための練習方法!